顎 ニキビ 治らない

顎ニキビの皮膚科での治療について

大人ニキビに多い顎ニキビを甘く見てはいけません。

 

しかし、ニキビについてのとある調査では、
ニキビに対してセルフケアをするという人は、半数程度いましたが、
放置してしまうという人も2割ほどいたようです。

 

そして、病院に診てもらうという人は1割前後しか存在しなかったそうです。

 

確かに、顎ニキビが命を脅かすような事はまずありませんが、
何も手を打たなければ、ニキビ跡としてずっと残存する事になってしまいます。
ここではそんな顎ニキビの治療手段を紹介していきます。

 

塗布薬

最もシンプルなニキビの治療手段です。

 

大抵健康保険の対象になりますから、リーズナブルだという事が魅力です。

 

例えば、古くから用いられてきた「イオウ製剤」という名前の塗布薬が存在します。

 

この薬品には、洗浄効果と除菌効果があり、ニキビを防止・軽減してくれます。

 

さらに、不要な角質を柔化させ、毛穴を閉塞させている角質を除去して、
皮膚のターンオーバーを安定させる力もあります。

 

最近増えているのはレチノイド(外用薬)という名の塗布薬であり、
これはディフェンリンゲルの仲間です。

 

実際、海外では相当前からニキビの治癒薬として重宝されていました。
顆粒細胞が角質細胞に変わらないようにしてくれて、毛穴の閉塞を防止してくれます。

 

飲用薬

皮膚の質やアレルギー等の関係で、塗布薬を用いる事が出来ない際には、
大抵こちらを利用する事になります。

 

飲用薬の大半が除菌薬であり、免疫能力をアップさせて、
ニキビや炎症を生じにくくしてくれます。

 

除菌薬には、例えばセフェムやマクロライドなどの系列があります。
除菌、病原菌の繁殖の阻害、などの仕組みは多種多様です。

 

理学療法

大抵は健康保険の対象になりませんから、値が張ります。
ただし、ニキビだけでなく色々な皮膚トラブルを治療できるという魅力があります。

 

メインは「面皰圧出」というネーミングの治療です。
毛穴を閉塞させている「面皰(ニキビの芯)」を取り除いていきます。

 

炎症が起きる前の、細かなニキビに効きます。
そして、ニキビを潰す治療ですからアフターケアが重要です。

 

さらに、ピーリングという治療手段もあります。
これは特殊な薬品を用いて、要らない角質を除去して、
皮膚のターンオーバーを安定させる治療方法です。ニキビの防止や軽減が可能です。

 

ニキビ以外にも、シワやたるみも解消できる非常に応用の効く手法です。

 

さらに「イオン導入」という治療方法も存在します。
これは、微細な電流を流して、ビタミンV誘導体や保湿成分を
真皮層まで送り込む治療手段です。

 

ニキビに対する抵抗能力をアップさせたり、
皮膚のガード力を高めたりする効果があります。

 

より効き目を高めたいのであれば、ピーリングを済ませてからイオン導入に臨みましょう。
いちご鼻 治し方