顎 ニキビ 治らない

ニキビは遺伝するもの?

ニキビは遺伝するという話、聞いたことありますか?

 

ニキビって誰もがなり得るものだし、関心度の高いものだから、
情報量は多いものの、まるで根拠のないうわさも少なくないです。

 

髪質や肌質というものは、遺伝するものだと思っている人、
きっと多いのではないでしょうか。

 

実際にニキビは遺伝するものなのでしょうか…。

 

ニキビの出来やすいのはどんな肌質?

ニキビが出来やすい肌とはどういうものか。

 

皮脂の分泌量が多くて、ニキビが悪化しやすい、毛穴が小さくて角栓がたまりやすい。
新陳代謝が低く、肌のターンオーバーがされにくい。

 

大体上記のようなことだと言えるでしょう。

 

このような肌質は、遺伝してしまうということもあるようです。
ただ、勘違いしてはいけません。
「ニキビが出来る」ということが遺伝するわけではなく、
あくまでもニキビが出来やすい肌質が遺伝するということです。

 

身内にニキビがたくさん出来ている人がいるから、
自分もニキビが出来てしまう…などという間違った解釈はやめましょう。

 

遺伝子だけが受け継がれるの?

遺伝って一言でいうと、体質や肌質ということばかりに目を向けていませんか?

 

遺伝だからニキビが出来ても仕方がない、なんて諦めてはいけません。

 

ある意味遺伝よりも、深く関わりがあるかもしれないのが、生活習慣。

 

食事がファーストフードや揚げ物の多い偏った食事の家庭、
就寝時間が遅くて、睡眠不足がちな家庭。

 

こういう生活リズムが肌荒れ、肌のターンオーバーの原因になるのです。

 

遺伝だから…と言う前に、諦めてしまう前に、自分の生活習慣を考えましょう。

 

直せる部分は改善していくことで、全然違った肌を手に入れられるかもしれません。

 

ニキビは遺伝病などではない

そもそもニキビは、遺伝病ではないということを頭に入れましょう。

 

遺伝病は、遺伝子疾患とも言われていて、遺伝子異常が原因の疾患です。
染色体異常症、多因子遺伝、単一遺伝子疾患という風に分かれています。

 

ニキビには染色体も、遺伝子も存在しません。

 

遺伝子の問題は治すことができませんよね。
ニキビは予防も出来るし、出来てしまっても適切な治療で治せます。

 

なので、ニキビは遺伝かもなどと考えるよりも、自分の生活スタイルを見つめましょう。

 

日々の生活パターンの中で、何かしらニキビが出来る要因がないか、探してみて
適切なケアをしてあげましょう。

 

何かほかの事のせいにせず、諦めずにケアすることが大切です。