顎 ニキビ 治らない

繰り返すニキビへの対処法とは

ニキビはなぜこれほどまでに注目を浴び、そして嫌悪されるのでしょうか。
当然、顔に発生して見栄えが悪くなるから、という要因もありますが、
嫌悪させる要因の一つに「しつこい」という事が挙げられるのではないでしょうか。
そう。言うなればゴキ○リのように、幾度となく出現するところ。

 

何度も発生するニキビは、どんな方法を取れば抑える事が叶うのか、
プロフェッショナルに聞いた医学的な見解を紹介します。

 

 

ニキビが発生する要因を考えよう

ニキビの発生要因は毛穴の詰まり込みです。
ニキビの起因菌である、「アクネ菌」や「皮脂」の蓄積や、炎症が生じる事は、
毛穴に詰まり込んだ角栓の結果に過ぎないのです。

 

ニキビへの対処として、ピーリング等で蓄積した皮脂を除去したり、
抗生剤を用いて炎症を抑制したりする治療方法がありますが、
実は、要因に対して成果があがりません。
なので、ニキビの要因である毛穴の詰まり込みに働きかけることが不可欠です。

 

詰まり込む要因は

・そもそも詰まり込む物質がたくさんある

 

・侵入する部分が狭いので、詰まり込みやすい

と簡単に類別できるので、この二点をきちんと考察する事が肝要です。

 

 

要因への働きかけ

まず、詰まり込む物質はお察しの通り、汚れ、古びた角質、皮脂等ですので、
これらが増加し過ぎないように、日々確実に洗顔で洗い落とす事が重要です。

 

乾燥肌に近づくと、角質細胞が剥がれて角栓が発生しやすくなるため、
乾燥を遠ざける保湿が効果的です。しかし過剰な洗顔を行えば皮脂が落ち過ぎて、
肌の乾燥を誘うので、それによってかえって毛穴が詰まり込む場合もあります。

 

洗顔が効果的だからといって過剰になっていないか、
ニキビが何回も発生している人は、一回見直してみて下さい。

 

 

また「侵入する部位」=「毛穴」は、通常の角栓よりも非常に大きいので、
詰まり込んでしまう事は皆無のようです。

 

しかし、男性ホルモンが多すぎる環境では毛穴が収縮を起こし、
細かな角栓であろうが、容易に詰まり込んでしまうケースもあるようですし、
冬場の低温が原因で、身体が毛穴をギュッと収縮させるような事もあるので気を付けましょう。

 

これらの現象の予防・改善としては、ホルモンバランスを調整する事や、
常に血行を良好にしておき、代謝を上げておく事が大切です。

 

 

繰り返されるニキビには根元的対策を

こうした根元的な要因を解消するために、医療機関等では、
ヒアルロン酸の注射や、ホルモンに関する治療など、
特殊なケアを実行するケースがあります。

 

対処療法の意味合いを持つ治療の大半は、即効性はあるものの、
要因に対して成果が得られないばかりか、肌ダメージを溜めてしまい、
ニキビの再発生がさらに早まってしまうケースも、珍しくありません。

 

なので、根元的な対処としては正確なケアの手段と、
正しい生活習慣を身に付ける事が、肝要です。

 

これらの行動によって、肌の保護機能を改善し、さらにターンオーバーも活性化させ、
ニキビが発生しにくく、生じても即座に治るような健全な肌状態を目指す事こそ、
繰り返されるニキビに対する、根元的な対処の枠組みなのです。

 

肌の炎症が起きてしまっている顎にきびのしこりも、
同じように根本から治していく必要があります。