顎 ニキビ 治らない

顎ニキビが治らないの原因について

顎ニキビが治らないのは、かなり厄介です。
目立つし、かっこ悪いですし、
なにより痛いですから、いいことはないですよね。

 

また気になって触ってしまうこともあり、場合によっては
しこりができたり、膿ができたりと悪化させるケースも多いです。

 

では、なぜ顎ニキビは治っても治っても、再発してしまう人が多いのでしょうか?
大人ニキビの中でも、すぐにできてしまう箇所になります。

 

その理由は、顎には汗線がほとんどないんですが、皮脂線が多く張り巡らされているからです。
そのため、詰まりやすく、ニキビの大敵である乾燥状態になりやすいということになります。

 

 

中学生、高校生のニキビといえば、鼻回りや頬になります。
大人でも同じようになりますが、そこら辺の部位は、汗がでるため、自然と保湿状態となるのです。
それに比べ、顎は汗をかきにくいんですよね。

 

他にも、大きな原因と言われているのが、ホルモンバランスの変化です。
特に女性は、性周期があり、ホルモンのバランスが変化しやすいです。
黄体ホルモンが増えれば、皮脂を多く分泌しニキビを招きます。

 

男性の場合は、ホルモンの変化により影響は受けにくいですが、
皮脂がそもそも多いことが言えます。

 

それに加え、毎日の髭剃りにより肌環境が悪化し、肌荒れをお越し、
汚れが停滞しやすいことが、ニキビの原因となります。

 

ストレス、偏った食事、睡眠不足、不規則な生活により、ホルモンのバランスも悪化してしまいます。
現代人は、自らニキビになりやすい環境をつくりだしていると言えます。

 

間違った顔のお手入れや保湿不足、洗顔後の洗い流し不足、よくありません。

 

自分でできる顎ニキビ対策もありますので、できることからスタートし、
規則正しい生活を送るようにしましょう。

 

思春期ニキビと大人ニキビの差

単にニキビと言っても、成長の最中に生じる思春期ニキビと、
大人になってから生じる大人ニキビとに、分類する事が可能です。

 

思春期ニキビの場合、時間が経てばそのまま治癒するケースが大半ですが、
大人ニキビに関しては、そう都合良く行かない事の方が多いのです。
生じる原因にも差異がありますから、当然対処方法も違ってきます。
両者の差を正確に把握し、正しい対策の参考にしていって下さい。

 

 

要因

2種類のニキビは見た目は似通っていますが、生じる要因は大きく異なります。

 

思春期ニキビ

思春期ニキビであれば、ほとんどの要因は皮脂が余計に発生してしまう事であると言えます。
成長期に差し掛かると「男女問わず皮脂腺に刺激を与える男性ホルモン」の発生量が、
増加するので、毛穴からの排除が間に合わずに、皮脂が残存し詰まり込んでしまいます。

 

これらが、ニキビの要因と見られているアクネ菌が殖える状況を生み出し、
炎症を引き起こして、ニキビになってしまうのです。
ただし成長に伴う身体の変化なので、時期が過ぎれば消えていくのが特徴です。

 

 

大人ニキビ

反面、大人ニキビが生じる要因は、一つに特定する事が困難です。
乾燥が要因かもしれませんし、肌のターンオーバーの不安定化のせいかもしれません。

 

さらに、化粧による毛穴の詰まり込みが要因の可能性もありますし、
男性ホルモンと働きの似通った「黄体ホルモン」の動きにより、皮脂が増加する場合もあります。

 

これらは大半が生活習慣が大元の原因なので、生活を改めないうちは、治癒しても幾度となくニキビが発生します。
結局のところ、根本の原因を一個一個除去していくしかないのです。

 

 

発生箇所にも差がある

 

思春期ニキビ

思春期ニキビはよく「Tゾーン」に生じます。皮脂腺が多い事が原因ですね。
この部位は毛穴が集中していて、皮脂の分泌も激しいので、ニキビが生じやすくなっています。

 

大人ニキビ

反面、大人ニキビが生じやすいのは顎や顔のラインなどのいわゆる「Uゾーン」です。
Uゾーンは男性にとっては、髭が生えてくる部分であり、
つまりは男性ホルモンが大きく響いてくる場所であるとも言えます。

 

また、女性に関しては、毛穴が比較的小さい箇所ですね。
ですから皮脂の分泌量は多いのに、毛穴が小さめであるために詰まり込みやすく、
さらに触れる回数も多く雑菌が増加しやすいため、ニキビが発生しやすいのです。
ちなみに、Uゾーンは乾きやすいため、肌の問題全般が発生しやすい部位であると言えます。

 

 

両者の適切な改善手段は?

以上のように思春期ニキビと大人ニキビは、要因も生じる部位も異なりますので、対策ももちろん違います。

 

思春期ニキビ

思春期ニキビに関しては、成長期のみなので放っておいて構わない、
と思っている方もいるでしょうが、ひどくなるとその先まで跡が残存するので、確実にケアを行う方が良いのです。

 

ケアの基本方針としては、皮脂の余剰分泌に注意し、皮脂を洗い落とす事が、重要となります。
皮脂の分泌をブロックしつつ、洗い過ぎにも注意して、保湿剤や化粧水で肌ケアをしましょう。
思春期ニキビを治すための薬にも、余分な皮脂を吸って、毛穴の周りを乾かすタイプのものが大半です。

 

大人ニキビ

反面、大人ニキビの場合は、生活習慣からくる多様な原因が組み合わさっているため、
一面的な皮脂対策では、それほど効果が望めず、
むしろ皮脂の発生量は、思春期の頃よりも大幅に減少しているので、
かえって乾燥が原因で肌にダメージが蓄積する危険性もあります。

 

とりあえずは、清潔さと皮脂の適切な具合をキープするために、しっかり顔を洗い、
乾燥から肌を守るために、保湿を確実に施しましょう。
それに伴って、ターンオーバーを安定させストレスを減らすために、
栄養価の高いものを摂り、睡眠もしっかり確保する事が重要です。

 

肌質や年齢等もニキビの発生を左右しますから、自らの肌の性質や年齢を考慮しつつケアを続けることが、
気は長いですが、最善の対処方法と言えます。